リンク案内
短期でも長期でも

短期でも長期でもFXを続けていく上で私が心の片隅に常に入れていることは、証拠金の維持率を少なくとも倍以上のラインを割らないように守って、余裕のあるメンタルで取引を心がけることです。

毎日FXをしていて気づいたのが、どんなに良いポジションを掴んだとしても維持率が低いとちょっとした動きでも強制ロスカットの可能性が高まることだといえます。リスクに神経をすり減らしながら取引をするよりも、先を見通せるように余裕を持ったほうが取引が上手くいくことが多いので、私の手法には維持率の高さは不可欠なのです。

損切りのうまさでFXのリターンが変わる!

 FX(海外為替証拠金取引)で最終的なリターンを掴む上で、重要なテクニックとはなんでしょうか?
様々なテクニックがあれど、やはり「損切り」の存在を忘れることはできません。

まったくの投資ビギナーと言う人でも「損切り」の名前だけは知っている…という人も多いはず。
また反対に株式投資等で既に投資をしたことがあると人の場合には「今さら損切りの話なんて…」と思われるかもしれませんね。
しかし基礎的に見える「損切り」というテクニックは、実は世界を股にかけるトップトレーダーも非常に重要視している存在です。

特にFXは株式投資等に比較して取引を行う回数が多いため、損失をいかに小さく抑えるかが重要になります。
的確な損切りを行うか、一瞬ためらってしまうか--このタイミングの僅かな差が、最終的な結果の差へと繋がるのです。

「損切りなんて、ソンが出たら取引を終わればいいんだろう」
こんな風に思う人もいるかもしれません。
しかし、人間の心理とは残念ながらこのようにシンプルではないもの。
損失を出したのが悔しい、もう少し頑張れば勝てるかも…こんな気持が、適切なタイミングを逃させてしまうのです。

例えば今現在の相場が、急上昇と急降下を繰り返す状態となっていたとしましょう。
「きちんと損切りしよう」と決めておいても「この状態なら、もう一度上がるかもしれない」と考えてしまいそうではないですか?
でも、ここでサッと負けを認められるのが「最終的に勝つトレーダー」です。

FXにおける「勝ち」とはなんでしょうか?
それは予測を当てた回数ではなく、最終的に利益をきちんと出すことです。
一度の勝った・負けたを悩むのではなく、トータルでの結果を重視する姿勢が必要になります。

現実的な問題として、FXでの取引で100%全ての予測を当てるというのは、物理的にムリな話。
ですから「絶対に負けない」という姿勢で挑むのではなく「負けた時に早く損切りをして、次の取引に移行する」という区切りの付け方が大切になってくるのです。

とは言え、ただ漠然と「ちゃんと損切りをしよう」と考えるだけでは、上記のとおりなかなか損切りはできません。
ですからまずは「○円になったら損切りをする」という確固としたルールを作りましょう。
自分で作ったルールを徹底する--この姿勢が守られれば、「FXが初めて」というビギナーでも、最終的な勝利へと近づくことになるはずです。

経験だけは長いベテランでも、なかなか損切りがうまくできないという人は大勢います。
他の人と一歩差をつけるために、まずは自分のルールを考えるところから始めてみましょう。

Copyright © 2014 損益.com