リンク案内
短期でも長期でも

短期でも長期でもFXを続けていく上で私が心の片隅に常に入れていることは、証拠金の維持率を少なくとも倍以上のラインを割らないように守って、余裕のあるメンタルで取引を心がけることです。

毎日FXをしていて気づいたのが、どんなに良いポジションを掴んだとしても維持率が低いとちょっとした動きでも強制ロスカットの可能性が高まることだといえます。リスクに神経をすり減らしながら取引をするよりも、先を見通せるように余裕を持ったほうが取引が上手くいくことが多いので、私の手法には維持率の高さは不可欠なのです。

レバレッジと上手に付き合う

 レバレッジはFX取引のおける最大の武器の一つであると言えると思います。
確かに、何の知識もなしに、単純に便利な仕組みだとして乱用していけば、一瞬で資産を失うような危険さをはらんでいることは確かです。

しかし、レバレッジの仕組みを知り、どうすれば効果的に利用でき、何をすると危険な状態になるのかををしっかりと学んでいれば、非常に有効な取引きの味方になるのです。

レバレッジは、FXの取引業者に証拠金を預けることで、資金を融通してもらい、より大きな投資取引を行う仕組みになっています。
この小さな投資で大きな取引きが出来るところから、ドアのレバーの語源にもなっている「テコの作用」からとってレバレッジと呼ばれています。

例えば1ドル100円の相場で1万ドルを買って投資をする場合、本来であれば100万円の投資資金が必要ですが、国内最大の25倍のレバレッジを使用すると投資金が4万円で、おなじ1万ドルを買うという取引きが行えるようになるのです。

ここでもし、1ドルが102円になるような為替相場の変動があれば、2万円の利益があり、25倍のレバレッジを使った投資では、投資資金の半分の利益を一回の取引きで挙げられることになるのです。

このように、レバレッジは投資金額に対する取引きの効果を大幅に高めることができるために、少ない資金であっても取引きが行えることになるのです。

しかし、この効果は利益だけでなく損失にもその効果を及ぼします。
例えば先の取引きで為替相場が1ドル100円から98円になったとしましょう。すると2万円の損失になるために、4万円にレバレッジを使って取引していた場合は、自分の投資資金の半分をいきなり失ってしまう事になるのです。

こうならないためにも、レバレッジを行う際には投資資金にゆとりを持たせることが大切になります。
2万円になってしまった資産を4万円までに増やすことはとても難しいですが、例えば100万円の資金から4万円だけを使って25倍のレバレッジで取引きを行った場合には、同じ条件で2万円の損失が出たとしても、100万円の資産が98万円に減っただけですので、これを100万円に戻すことはそれほど難しい事ではないのです。

Copyright © 2014 損益.com